刑事事件 [事例9]

お酒で酔った状態で電車に乗り、男性とトラブルになり暴行

60代男性
罪名結果
暴行罪 不起訴

背景

ある日Aさんは、お酒に酔った勢いで、電車内で、目の前の席に座っている男性と足がぶつかったなどのトラブルとなり、男性の顔面を殴ってしまいました。
その後、Aさんは、警察署へ行き取り調べを受けましたが、逮捕はされずに、そのまま帰宅しました。

その後、Aさんは、今後の処分のことが気になり、事務所へ来所され、ご契約されました。

対応

まず、Aさんは、相手の方との示談を希望されておりましたので、相手方との示談交渉を開始しました。

今回のAさんのようにお酒に酔った方が加害者となっている場合、事件当時のことをよく覚えておらず、相手の方との示談交渉の際に、事情説明をすることが難しくなることが多くなります。そのため、Aさんにはご契約時に、事件当時のことをできる限り詳細にお話をしていただきました。その上で、被害者の方と示談交渉を行いました。

示談交渉のテーブルでは、やはり、被害者の方は相当お怒りのご様子で、電車内でいきなり見ず知らずの人に殴られたことがとても屈辱的だったことなど、様々なお怒りの言葉を述べられました。
その上で、こちらからの提案として示談金を提示し、最終的には、50万円の示談金を受け取っていただき、示談を成立させました。

結果

最終的に、Aさんは、不起訴処分となりました。

今回の事件では、依頼者の方はお酒に酔って事件を起こしてしまいました。
お酒に酔っていると、事件当時のことをよく覚えていらっしゃらない方が多く、事件当時のことをお聞きするのに苦労することが多いです。

ただ、事件当時のことをこちら側でもしっかりと把握しないと、被害者の方との示談交渉の際に、厳しく指摘され、最悪の場合には示談交渉が成立しないということも考えられます。ですので、ご相談の際には、できる限り詳細な事件のことをお聞きして、示談交渉に備えるようにしております。

示談を成功させるためにも、ご相談の際には、弁護士に事件のことを覚えている範囲でできる限り詳細にお話ししていただきたいと思います。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-637-103 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-637-103
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ