刑事事件 [事例8]

電車内で女性の胸を触り逮捕されてしまった→不起訴処分

40代男性
罪名結果
痴漢 不起訴

背景

Aさんはある日、電車内で女性の胸などを触るなどして、痴漢をしてしまいました。
Aさんは、秋のホームで乗客等に呼び止められ、駅で逮捕されました。

その後、Aさんは釈放されましたが、今後の対応について不安に感じたため、ご来所され、示談交渉と不起訴処分にしてほしいとのことで依頼をされました。

対応

今回の件では、示談を成立させるべく、被害者の方との示談の成否が大きな山場でした。
そのため、まず検察官に被害者の情報を伺い、弁護士の方で被害者に連絡を取って、示談交渉を行いました。

示談交渉においては、一度目の交渉では、もっぱら相手の思いを聞くことになりました。その後、二度目の交渉までに、相手方と、電話や文書でのやり取りが行われました。
その内容としては、示談金についてと、事件当日のAさんの行動と今後の生活がどのようになるかといった点の確認でした。

その上で、二度目の示談交渉においては、もっぱら示談金の授受と、示談書の取り交わしを行うことになりました。

結果

示談成立を担当検察官に伝え、最終的にAさんは不起訴処分になりました。

今回の示談交渉では、一度目の交渉時には、被害者の方はかなり感情的でした。
示談交渉においては通常、一度目にお会いする際には、相手の方は感情的になっており怒っている方がほとんどです。なので、弁護士としても、示談書案の提示等も行いますが、まずは相手の方の言い分や思いを聞く姿勢に努めております。

この時に、被疑者側の主張を前面に出してしまうと、相手の方が怒って帰ってしまいかねません。
ただ、二度目お会いすることになった場合には、相手の方もだいぶ落ち着いており、こちらの主張もしっかりと伝えることができます。

このように、示談交渉は、依頼者の依頼内容をかなえることももちろんですが、相手方の言い分もきちんとうかがうことがとても大切になってきます。
その上で、適切な時期に我々の主張をしっかりと伝えて、示談成立を目指しております。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-637-103 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-637-103
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ