債務整理

任意整理における一括返済・繰り上げ返済のメリット・デメリット

任意整理における一括・繰り上げ返済のメリット・デメリット

借金を分割返済している場合、残る借金を一括で全額返済、数回分をまとめて繰り上げて支払えば、将来利息を支払わずに済むため、通常返済総額が減少します。

では、任意整理によって債務者との交渉で借金の返済負担を減らした後にまとまったお金が入った場合、残債務を一括返済繰り上げ返済をすることに、メリットやデメリットはあるのでしょうか。

実は、結局のところ、任意整理後の一括返済・繰り上げ返済には目立ったメリットがありません。以下で詳しく解説をします。

1.任意整理とは

任意整理とは、債権者と交渉し、返済回数の増加や利息のカットにより、1回あたりの返済負担や返済総額を軽減する債務整理です。

返済回数の目安としては、おおよそ36回から60回となり、つまり、期間としては、3年から5年にかけて返済することになります。

債権者との交渉がうまくまとまれば、月々の返済額は無理なく返済できるところまで軽減できるでしょう。

(1) 任意整理のメリット

任意整理の主なメリットは以下の通りです。

①手軽に借金の返済負担を軽減できる

任意整理にかかる弁護士費用の相場は、1社あたり5万円にもなりません。手軽な出費で、借金を返済するうえで大きな負担となる利息をカットすることができます。

また、過払い金があれば、過払い金と借金残高を相殺して、返済額そのものを減少させることも可能です。

②特定の債権者だけに対して手続をすることができる

裁判所を用いる債務整理手続である個人再生手続や自己破産手続では、債権者平等の原則と言って、全ての債権者を平等に取り扱う必要があります。

そのため、借金をしている友人や会社も、マイホームや自動車を担保に取っている債権者も、債務整理の対象となってしまいます。

それに対して、任意整理では、手続の対象となる債権者を自由に選ぶことができます。なぜなら債権者平等の原則は、公の機関である裁判所を利用する手続で問題となるものであり、裁判所を利用しない任意整理には及ばないからです。

③財産の処分はない

自己破産手続では、高価な財産は処分されてしまう恐れがあります。
個人再生手続や個人再生手続では、担保となっている財産、たとえばマイホームや自動車などが債権者により処分されてしまいます。

任意整理では、裁判所により財産が処分されることは全くありません

また、担保を取っている債権者からの借金を任意整理しなければ、債権者により財産を処分されることを回避できます。

④官報に掲載されない

自己破産手続や個人再生手続では、政府の広報誌である官報に、自己破産や個人再生をしたことが、住所氏名付きで掲載されてしまいます。

一般の方は官報など見ないでしょうが、闇金が官報を悪用してダイレクトメールを送信してくることがあります。

また、自己破産手続では、他人の財産を管理する特定の資格や職業で働くことが手続中は制限されてしまいますので、制限される資格に関する業界では企業が官報をチェックしていることがあります。

任意整理では、官報への掲載はありません

(2) 任意整理のデメリット

任意整理の主なデメリットは以下の通りです。

①債権者によっては任意整理ができない

任意整理は言葉通り、債権者との任意の約束で行う債務整理です。強制をすることはできません。

強硬な姿勢の業者は、任意整理をほとんど認めてくれない場合もあります。

②元本を減らすことはできない

任意整理で削減できる借金は利息だけであることがほとんどです。元本の減額にまで応じてくれる債権者はほとんどいません。

過払い金があれば元本を減額できますが、これは本来債務者に返すべき過払い金で元本を返済しただけに過ぎません。

③ブラックリストへの掲載

裁判所を利用しないとはいえ、任意整理は債務整理手続の一つであることに違いはありません。そのため任意整理をすると、信用情報機関に登録されてしまいます。

これが、一般的に言うところのブラックリストへの掲載というものです。

貸金業者や銀行などが、融資に関する業務をする際には、この信用情報機関に照会し、借金やローンなどを申し込んできた人が過去に債務整理をしていないかをチェックするのです。

そして、登録があれば、お金に関する信用に問題があるとして、融資を断られてしまいます。

借金やローンの他、クレジットカードの新規作成やスマホの割賦払いなどもできなくなります。

2.一般的な一括返済・繰り上げ返済について

(1) 一括返済

1回のみの返済で、残っている借金残高の全額を返済し、借金を無くしてしまうものが一括返済です。

一括返済をすることで、分割返済では避けられない将来の利息の負担をしないで済みますから、支払総額としてはお得になります。

(2) 繰り上げ返済

分割で返済している借金を先払いすることを繰り上げ返済と言います。一括返済も広い意味の繰り上げ返済の一つと言えます。

繰り上げ返済をすると、元本が減少しますから、残る元本額をもとに算出される将来の利息の支払額を減らし、返済期間の短縮や、返済総額の減額が期待できます。

(3) まとめ

一括返済も繰り上げ返済も、

  • 借金の返済期間の短縮
  • 利息負担を無くすことによる返済負担の軽減

をすることができます。その代わり、一度にまとまった大金が必要となります。

3.任意整理後の一括返済や繰り上げ返済について

任意整理をした後に、債権者に対して一括返済や繰り上げ返済をすることは可能です。

任意整理をすると、ほとんどの場合は利息がカットされることになります。そのため債権者は、返済期間が長引いても利息を得ることができません。

むしろ債務者が、自己破産など裁判所を用いるより強力な債務整理手続をしてしまう可能性が高くなるというデメリットがあります。

そのため債権者は、少しでも早く任意整理に基づく返済を回収できるということで、任意整理後の一括返済や繰り上げ返済を認めることがほとんどなのです。

4.一括返済や繰り上げ返済のメリットとデメリット

(1) メリット

①借金返済期間の短縮

一括返済をすれば、それ以降はもう借金の返済をする必要はありません。また、繰り上げ返済をすれば、借金返済をすべき期間が短くなります。

借金の返済に関する経済的・心理的負担は、任意整理をした後であっても無視できるものではありません

借金返済による負担を少しでも早く無くすことができるということは、それだけでも非常にメリットがあることなのです。

②将来の生活への余裕が生まれる

上記でも触れた通り、借金を返済する負担が軽減されれば、将来の生活への余裕が生まれます。

収入の一部を借金の返済に充てている以上は、友人づきあいや趣味、下手をすれば自身の生活そのものを切り詰める必要があります。

一括返済や繰り上げ返済により、借金の負担からの解放を早めることで、将来の人生を豊かにできるという展望が出てくるのです。

(2) デメリット

①返済総額は結局変わらない

任意整理を経ない、通常の返済をしている借金の一括返済や繰り上げ返済をすると、返済総額は減少します。なぜなら、利息が減少するからです。

しかし、任意整理では債権者との交渉で利息をカットしています。

そのため、任意整理後に一括返済や繰り上げ返済を行っても、そもそも利息を支払っていないのですから、返済総額は減少しません

②一時的に生活が苦しくなるおそれがある

一括返済や繰り上げ返済は、将来の返済の前倒しですから、将来の生活に余裕を生むことはできます。しかし、逆に言えば、一括返済や繰り上げ返済をしたその時の生活に支障が生じる恐れがあります。

任意整理で利息をカットしたとはいえ、元本の減額は過払い金がない限り事実上できませんから、返済総額としては無視できない負担があります。

また、任意整理による借金返済負担軽減のもう一つの方法は、返済回数を増やすことです。

にもかかわらず、自ら返済回数を減らすような一括返済や繰り上げ返済をすると、任意整理をした意味がなくなりかねません。

後述する通り、ブラックリストへの登録は継続しますから、予想外の出費が必要になったからと言って借金をすることもできません。

さらに、繰り上げ返済をしたものの、次の支払日までに残りの返済を交渉結果通りにすることができなければ、約束に反したとして一括返済を要求されかねません。

せっかく任意整理で返済負担を軽減したのですから、あわてず無理せずに返済をすることを心がけてください。

(3) 全ての債権者に平等に返済しなければならない

これは、債権者平等の原則にかかわる問題です。

先ほど、任意整理は債権者平等の原則が及ばないと説明しました。しかし、任意整理後の返済については、債権者平等の原則を意識する必要があります。

もし、任意整理後に特定の債権者にだけ一括返済や繰り上げ返済をしたものの、全ての借金を返済し終える前に、個人再生手続や自己破産手続をせざるを得なくなってしまった場合には、特定の債権者への一括返済や繰り上げ返済が、債権者平等の原則に違反する返済となってしまう恐れがあるからです。

なお、任意整理をする際に、特定の債権者を最初から任意整理の対象から外したときなども、同じ問題が生じることにはご注意ください。

(4) ブラックリストには登録され続ける

ブラックリストの登録は、永久的なものではなく、任意整理後5年ほどすれば抹消されます。

逆に言えば、たとえ一括返済や繰り上げ返済をしても、それによってブラックリストへの登録がなくなる訳ではないのです。

ですから、クレジットカードを新しく作ることや住宅ローンを組むことはできないままとなっています。

5.任意整理は弁護士に相談を

任意整理後に一括返済や繰り上げ返済をすることは可能ですが、メリットとしては、返済期間の短縮による借金負担の軽減があるものの、返済総額は減少せず、また、のちのち自己破産手続などに方針変更をした場合に支障が生じる恐れもあります。

任意整理後に運よく想定外の収入があったとしても、落ち着いた返済を心がけて下さい。

泉総合法律事務所では、これまで借金問題にお悩みの方々から多くの相談をいただいており、任意整理に関する経験が豊富にございます。皆様のご来訪、ご相談をお待ちしております。

無料相談受付中! Tel: 0120-637-103 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-637-103
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ