債務整理 [事例4]

FX取引で増えた借金が自己破産で免除に

30代男性
債務整理方法借金総額
自己破産 620万円⇒0円

背景

Aさんは、知人のすすめでFX取引を始めました。当初は収入の範囲内で取引を行い、借金はしていなかったのですが、仕事上のストレスでうつ病にかかったことがきっかけで正常な精神状態を保つことが難しくなり、借金を重ねながらFX取引にのめり込んでいってしまいました。
借金が増えることがうつ病の症状をさらに悪化させてしまうという悪循環に陥ったAさんは、「死ねば全部解決するのではないか」と考えて自殺未遂をしてしまうほど追い詰められてしまいました。幸い、Aさんは一命を取り留め、その後うつ病の症状も安定してきたことから、借金問題のことも冷静に考えられるようになり、債務整理を思い立って、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんの借金の原因はFX取引にありましたので、自己破産を申し立てた場合免責不許可事由に該当してしまいますが、すでにFX取引はやめており、きちんと反省していることを示すことができれば、裁量免責される可能性がありました。
そこで、Aさんからの受任後、Aさんには毎月きちんと家計簿をつけて、倹約に努めることなどをお約束してもらいました。

結果

自己破産の申立後、Aさんの事件は管財事件となり、破産管財人がつきました。
Aさんは破産管財人から指示された反省文をきちんと作成し、提出した家計簿でも倹約に努めていることを示すことができましたので、無事免責許可決定を得て借金返済から解放されました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-637-103 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-637-103
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ